普通にいそうな登場人物たち

ジブリ映画で耳をすませばを見たことある方は、多いと思います。主人公は、向原中学校3年生で名前を月島雫という14歳の少女になります。この主人公である月島雫は、学校の図書室で本を何度も借りていく中で、図書カードに毎回名前が載っている天沢聖司という名前に見るようになり、興味を持つようになります。この天沢聖司は、月島雫と同じ中学校の同級生ですがクラス違いになります。祖父に西四郎と言って、地球屋と言う名前のアンティークショップを営んでいる方がいます。また、主人公に名前を覚えてもらう為に図書室で本をたくさん借りたという経緯があります。後に月島雫と天沢聖司は、出会って恋をする仲になって、将来結婚を誓っています。この他に月島雫の家族で父親の月島靖也と母親である月島朝子と姉である月島汐が出てきます。ちなみに主人公の月島雫が天沢聖司と恋仲になっていくなかで、天沢聖司が将来のバイオリンを作る職人になる夢に向かっているのに対して、明確に夢を持っていなかった月島雫は、焦りを募らせたます。この月島雫にアドバイスや手助けをしてくれるのが、天沢聖司の祖父である西四郎になります。それ以外にも同じクラスの同級生で親友の原田夕子と言う人物が出てきたり、主人公に恋を寄せる杉村と言う人物が出てきます。このような登場人物が出てきて、中学生という思春期の葛藤や将来に対する希望や不安を上手に表現しているのがジブリ映画の耳をすませばという作品になります。

主人公は中学3年生

1995年に公開されたジブリ映画の耳をすませばは、聖蹟桜ヶ丘が舞台となっているのです。主人公は中学3年生の月島雫です。学校...  気になる詳細はここから ⇒

読書量を競うように本を読んだりする主人公のパートナー

ジブリ映画の宮崎駿監督作品である耳をすませばは、少女漫画が原作となっている中学生の少女と少年のラブストーリーとなっていて...  気になる詳細はここから ⇒

Copyright(c) 2016   『耳をすませば』~電車の車内で出会った猫に導かれ、地球屋という不思議な店に迷い込む~   All Rights Reserved.